NEWS

 

メッセージ

sports voice(スポーツボイス)とは、その名のとおり「スポーツの声(メッセージ)」というコンセプトのもと、元プロサッカー選手たちによって設立されたスポーツ文化育成普及団体です。昨今の環境の移り変わりによって、誰もが安全にスポーツを楽しむことが難しくなってしまっている今「sports voice」というシンプルなメッセージは、スポーツ活動を通じて子供たちの健全な心身の育成、生涯スポーツの実現、介護予防、競技力の向上という、現実を動かす具体的なアクションでありたいと考えています。 スポーツを楽しむ環境をふやし、健康で健全な地域社会を構築し、スポーツ文化の発展にむかうことを、sports voiceという名のもとに前進させていくムーブメントをめざします。 そしてsports voiceは、誰もが実感をもってスポーツを楽しむ喜びをわかちあえる、普遍性をもった地域とスポーツをつなぐプラットホームでありつづけたいと願います。
代表理事  黄川田 賢司

設立の経緯

これまでサッカー指導を中心に、子供たちの心の教育など、様々なかたちでスポーツ文化の育成普及にコミットしてきた代表理事・黄川田賢司は「子供たちが安心して、スポーツを思いっきり楽しめる機会をもっと増やしていかなくてはならない」と感じていました。 
こうして2011年11月、黄川田賢司をはじめ、佐賀一平の発起人および、日本サッカー協会理事で元サッカー日本代表監督、岡田武史氏の賛同を得てsports voiceを設立しました。

活動の趣旨

スポーツをして体を動かすことは、健康な身体をつくるだけでなく、こころを安定させ、健全な社会活動を育むためには大変効果的です。またコミュニティを創り、支え、成長させていくという、文化的な人と社会との関わりなど、スポーツを取り巻く環境には私たちにとって、多くのメリットがあります。
sports voiceでは、こうしたスポーツの持つ力を皆さんにお伝えしつつ、より健全な心身の育成と健康で文化的な地域社会づくりに貢献していきます。 また、自治体・民間・NPOや地域社会と連携しながら、sports voice独自のプロジェクトを展開しています。

プロジェクト


スポーツをして体を動かすことは、健康な身体をつくるだけでなく、こころを安定させ、健全な社会活動を育むためには大変効果的です。またコミュニティを創り、支え、成長させていくという、文化的な人と社会との関わりなど、スポーツを取り巻く環境には私たちにとって、多くのメリットがあります。
sports voiceでは、こうしたスポーツの持つ力を皆さんにお伝えしつつ、より健全な心身の育成と健康で文化的な地域社会づくりに貢献していきます。 また、自治体・民間・NPOや地域社会と連携しながら、sports voice独自のプロジェクトを展開しています。 toto

ブログ   お問い合わせ先 コンサドーレ スマイルリーグ事務局
smileleague@sports-voice.jp
現在、電話回線工事中のためご連絡はメールにてお願いいたします。
     

団体概要

法人名:一般社団法人スポーツボイス  http://www.sports-voice.jp
事業内容:
①	スポーツクラブの運営事業
②	スポーツイベントの開催事業
③	スポーツ教室の開催事業
④	スポーツ大会の開催事業
⑤	指導者及び審判員の講習会の開催事業
⑥	スポーツに関する情報の提供事業
⑦	スポーツを通じた国際交流事業
⑧	スポーツ施設の管理運営事業
⑨	前各号に掲げる事業に付随又は関連する事業
所在地:〒151-0053東京都渋谷区代々木3丁目37番7号
設立:2011年11月
代表理事: 黄川田 賢司 サッカー指導者・元プロサッカー選手
理事: 岡田 武史 日本サッカー協会理事・元サッカー日本代表監督
理事: 佐賀 一平 サッカー指導者・元プロサッカー選手
監事: 濵田 亜紀子

一般社団法人 Sports Voice

〒151-0053 東京都渋谷区代々木3丁目37-7 1306
http://www.sports-voice.jp info@sports-voice.jp